トップページ土地探しのQ&A埋蔵文化財包蔵地で文化財が出てきた場合、所有者負担になるって本当?

土地探しのQ&A

埋蔵文化財包蔵地で文化財が出てきた場合、所有者負担になるって本当?

埋蔵文化財とは、「土地に埋蔵されている文化財」のことで、学問的には、遺構・遺物と呼ばれています。
古くから歴史のある街には指定されていることが多く、埋蔵文化財包蔵地に指定されているエリアで建築する場合は、役所に届出をし試掘する必要があります。
試掘をし文化財が出てきた場合は、その文化財を傷つけずに建築できる場合はそのままでもいいのですが、文化財を傷つけてしまうおそれがあるときは本掘をする必要があります。試掘は役所負担でしてくれる場合も多いのですが、本掘になった場合所有者負担となるので注意が必要です。

※自治体によっては補助制度もありますので詳しくはお住まいの教育委員会までお問い合わせください。

▼無料会員登録はこちら

新規会員登録

  • インカムとは
  • with casa
  • #casa(ハッシュカーサ)
  • casita 戸建賃貸住宅[カシータ]

ページの先頭へ